アインハンダー(PS)

プレイステーションのシューティングゲームで、
スクウェアからの発売です。
1997年。えー!そんな前だったのか!?


画像

タイトル。
難しいゲームなのでイージーで。
はじめましょ。


画像

初心者向きのこれ!
ガンポットはひとつだけですが、シンプルで扱いやすいのね。
物語は渋いです。
月と地球の星間戦争で、主人公はアインハンダーに乗り地球へ。


画像

ゲーム開始。ぶわーんん。
冒頭の音楽、雰囲気はブレードランナーみたいでかっこいいっ!
ポリゴンで表示されて、とてもキレイな画面。


画像

敵からガンポットを奪え。
なにを使うか迷います。
自機の速度は4段階。ゲーム中にいつでも変更可。
うれしいです。


画像

視点が変わる。慣れるまでちょっと違和感が・・・。
看板をたくさん壊すとシークレットボーナスがもらえます。
シークレットボーナスは各ステージに3つあり。


画像

ステージ2。列車上。
武器はカノン。威力大でザコは貫通します。


画像

ステージ2 ボス。
ボス前にはちょっとした演出が入り盛り上げます。
コイツは弱いです。


画像

ステージ3 中ボス。
レイフォースが遊びたくなったよ!


画像

ステージ4 
この辺からキツくなってきました!ザコが多い!
ここに出てくる潜水艦?を壊すと隠し武器が手に入る。


画像

迷路状のステージで、ザコが前後からわらわらと・・・。


画像

ステージ5
敵が多い!浮遊する機雷が邪魔です。
武器はワスプ。上に装備すると誘導ミサイル、下に装備するとロケット。
ステージ途中に出てくるコンテナ車を誘導ミサイルで破壊すると隠し武器が。


画像

中ボスの猿のような敵。強敵!
ジャンプしての攻撃に注意!
ねずみ花火のような武器も地味に嫌。


画像

ボス。これも強い!
レーザーがああ。初めて見た時はびびった。
この他にも攻撃パターンが豊富にあります。

アインハンダーのボスはどれもパーツ毎に破壊できるので、
壊してる!って実感出来て楽しい。さすがポリゴン!

ここまでは淡々とした感じでしたが、
このあとの盛り上がりが凄い!


画像

ムービー挿入。


画像

シャトルを追撃。


画像

ロケットエンジンを破壊する。
制限時間があるので焦る!!


画像

シャトルから逃げた敵を追って宇宙空間へ。
コイツもレーザー!
このあと回転する羽にぶつかったヨ。

ボスの壊し方によって・・・。


画像

くらげ?出現。
壊すとシークレットボーナス。
コイツも嫌な攻撃してきます。
ボスを倒して一安心。


画像

今回の戦闘データが無人戦闘機EOSにフィードバック。
で、なんとそのEOSの攻撃目標に主人公が!
今度は味方に襲われる!!

終わりかと思ったら。


画像

反逆者呼ばわりされて追われる身に。
泣ける・・・。


画像

ラストステージ。
目まぐるしく動いてスピード感が味わえる。

敵は無人戦闘機EOS。
X68000のソル・フィースみたい・・・。知ってる?


画像

これが最後!


画像

敵の群れに突撃・・・。

まだ隠れた武器や機体がありますヨ。
難易度は高いですが、とてもよく出来たシューティング。
おすすめっ!







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

fucker
2012年04月16日 15:52
確かに話が渋くて良いですね♪
主人公が反逆者扱いされるシューティングは、そうそう無い気がします♪

2012年04月18日 11:02
>fuckerさん
ゲーム画面の方も渋い雰囲気ですよね。難易度は高めですが(笑)
名無し
2019年01月17日 17:00
このアインハンダーを作ったのはコナミの元スタッフ。
コナミの本社が東京に移転することに反発したコナミのスタッフがスクウェアの大阪スタジオに移籍して作ったそうです。

この記事へのトラックバック